早起きしてジョギング

 

 

早起きしてジョギングしよう

運動不足を感じている方は、何かしらの対策を行った方が良いので、早起きしてジョギングをすることをおすすめします。

 

夜の真っ暗な時にジョギングといった運動を行っても良いのですが、朝の時間帯を有効に活用する価値は大いにありますし、夏場であれば早朝は涼しいので、ジョギングを行うことで清々しい気分になれるのです。

 

早起きしてジョギングすることの大きなメリットは、太陽の光を浴びながら身体を動かせるということで、太陽の光には体内時計をリセットさせるという効果があります。

 

体内時計がリセットされることで睡眠に必要なホルモンが夜にかけて分泌されやすくなり、次の日も自然に同じ時刻に目が覚めるため、だんだんと早起きが苦ではなくなるのです。

 

今まで早起きの習慣がなかったという方は、「自分は朝早くに起きることができない」と感じるかもしれませんが、それは朝に太陽の光を浴びていなかったからかもしれません。

 

たとえ昼前に起きていたとしても、家の中にずっといたのであれば太陽の光を浴びることはできませんし、窓を開けて取り込まなければならないのです。

 

とは言え、ジョギングを行えばこのような対処をしなくても十分に浴びることができるので、身体を動かせるというメリットも含め一石二鳥だと説明できます。

 

もちろん、ジョギングをするのが辛いという高齢者の方は、ウォーキングでも同じような効果が期待でき、身体を動かすことでカロリーの消費となり、余分な脂肪をつけずに済むというわけです。

 

ダイエットをしている女性には欠かせない方法の一つですし、早起きをして朝食をしっかりととり、昼食と夕飯をバランス良く食べて夜食をとらないように心掛けていれば、無理なく体重を落とすことができます。

 

若い女性の中には、食事制限だけに頼ったダイエットを試している方がいらっしゃいますが、身体に大きな負担が掛かりますし、ストレスを溜め込む大きな原因となるので、十分に注意した方が良いでしょう。

 

また、普通にジョギングを行うのではなく、遅筋を使い続けるスロージョギングも良いと言われており、遅筋の能力がアップして持久力が増すのです。

 

そして、同時に筋肉の中の毛細血管も増えるという特徴があり、糖分や脂肪分が効率良くエネルギーとして消費されるため、スロージョギングはメタボリック改善に適しております。

 

スロージョギングはマイペースで続けるのが一番ですし、決して無理な運動ではなく、高齢者の方でも難なく試すことができるので、早起きして取り組んでみてください。

 

 

 

 


「早起きと運動」についてのページ
早起きしてジョギング
早起きしてランニング
早起きして散歩