無意識の早起き

 

 

無意識の早起きについて

「無意識に早起きはできないの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、無意識に早起きができるようになれば、毎日の生活に馴染ませることができますし、朝起きるのに苦労せずに済むのです。

 

無意識に早起きできるようになるためには訓練が必要で、まずは身体に起きるという動作をインプットさせるためにパジャマに着替えて必ず寝るようにします。

 

そして、目覚まし時計のアラームを数分後に鳴るように設定し、それを止めてから起き上がり、背伸びをして洗顔をするという行為を繰り返すのです。

 

身体が起きる動作を覚えることで、実際に朝に目覚ましが鳴った際に同じ行動を取れるようになるため、二度寝せずに起きられるのだと説明できます。

 

もちろん、全ての人が無意識に起きられるというわけではないものの、早起きできなくて困っているというのであれば、試してみる価値は大いにあるかもしれません。

 

早起きをしようと考えるのは非常に良いことですし、リフレッシュする時間を作ることができるため、一日を楽しく過ごすことができます。

 

早朝は身体と脳が眠った後なので、スッキリとしておりますし、ウォーキングやジョギングを行えば、日頃の運動不足を解消することができるのです。

 

無意識に身体に起きることを覚えさせるだけではなく、目覚まし時計の種類にも気を配る必要があり、一般的な製品ではなく、大音量とともに勝手に動き出す「ナンダクロッキー」や、レム睡眠を感知して適切な時間に起こしてくれる「スリープトラッカー」などが適しております。

 

普通の目覚まし時計よりも高価ですが、それだけ早起きしやすいアイテムであることは間違いありませんし、何もグッズを使わずに起きられるのは高齢者ぐらいなのです。

 

高齢者の方は、睡眠にしろ覚醒にしろ、あまり持続できなくなってくるので、特に対策をしていなくても無意識に朝の早い時間帯に目覚めてしまいます。

 

覚醒の時間帯が短く、夜更かしできないため早めに寝てしまうのも早起きしてしまう大きな原因かもしれませんが、おじいちゃんおばあちゃんが早起きなのは身体の機能の問題なのです。

 

とは言え、このような現象は高齢者であれば誰にでも引き起こされる症状ですし、病気にかかっているというわけではないので、病院で治療をしなければならないというわけではありません。

 

ただし、早朝覚醒によって、あまりにも睡眠時間が短くなっているのであれば、毎日の疲れを睡眠でとれていない可能性が高いので、眠りの質を高める努力を行ってください。

 

 

 

 


「早起きが得意な人」についてのページ