赤ちゃんの早起き

 

 

赤ちゃんの早起きについて

自分の赤ちゃんがあまりにも早起きすぎて、朝の4時や5時頃に起こされてしまい、大変な思いをしているという母親はいらっしゃるはずです。

 

子育ては自分のペースで行うのではなく、全てを赤ちゃんの基準で行わなければならないため、赤ちゃんが早起きして夜泣きすれば、自分も朝早くに起きる必要があります。

 

このような生活を長く続けていることで睡眠不足に陥り、ストレスも溜まるということは決して珍しいことではありません。

 

しかし、赤ちゃんが異様に早起きなのは、しっかりと体内時計が働いている証拠で、光に敏感なので夏場に早い時間帯に朝日を感じると「朝だー」と思って起床するのです。

 

親にとっては迷惑な早起きで、「もう少しゆっくりと寝てくれていても良いのに」と考えるかもしれませんが、とても健全なので喜ばしいことだと説明できます。

 

また、日中の運動不足により、赤ちゃんの早起きに繋がるという特徴があり、意識してハイハイをさせるなど、身体を動かす遊びを毎日の生活で取り入れなければならないのです。

 

離乳食の進み具合によっても違いが生じているものの、お腹が空いて早起きするというのも原因の一つですが、体内時計がきちんと働いていることと、日中の運動不足が大きな要因だと言えるでしょう。

 

赤ちゃんの生活に自分の生活を合わせなければならないというのは大変なことですが、早起きが病気によって生じているわけではないですし、至って健康的な証拠なので、親御さんは多少は大変でもそのまま見守っていく必要があります。

 

赤ちゃんの成長はとても喜ばしいことですし、自分も早起きの生活を身に付けることができれば、健康的に毎日を過ごすことができるのです。

 

赤ちゃんがいると自分の時間をゆっくりと作れないものですが、朝の気持ち良い時間を有効に活用して、朝ごはんをゆっくりと食べてみたり自分の趣味に打ち込んで見たりと、やりたいことを考えます。

 

そうすればストレスの解消にも繋がりますし、子育てで精神的に大きな負担が掛かり、イライラしてしまうという状態を防ぐことができるかもしれません。

 

もし、赤ちゃんがあまりにも早起きすぎて、日中に強い眠気に襲われてしまうのであれば、昼間に赤ちゃんが寝ている時間を上手く活用し、昼寝をするのがおすすめです。

 

あまりにも長い時間の昼寝をしてしまうと、今度は起きるのが辛くなり、寝起きの倦怠感や脱力感に繋がるので注意しなければならないのですが、30分間以内であれば気分をスッキリとさせられるので、是非試してみてください。

 

 

 

 


「早起きが得意な人」についてのページ