早起きと弁当

 

 

早起きと弁当について

早起きをしようと心に誓っているだけでは、実際に長期的に続けるのは非常に難しいため、何か目的を持つことをおすすめします。

 

主婦の方であれば、早起きをして旦那さんや子供のお弁当を作るなど、ある決まった目的があれば、それに向かって努力できるため早起きを続けやすいというわけです。

 

中には、前の日にある程度弁当を用意し、朝は詰めるだけという手法をとっている方がいらっしゃいますが、早起きするきっかけを作るというのは大事なことだと言えます。

 

神経質な方は、その日のうちに終わらせておかなければ安心できないかもしれませんが、早起きして気分が良い状態でお弁当を作るようにすれば、より愛情がこもるのではないでしょうか。

 

旦那さんは家庭を守るために朝早くに起きて出社し、ストレスを溜めながらもお金を稼いできてくれているわけですから、労うためにも愛情のこもったお弁当を作ってあげれば、より円満な家庭を築けるようになります。

 

そのためには、早起きを毎日続けなければならないのですが、前日の夜に夜更かしをせずに早く眠るような習慣を付けていれば、そこまで苦ではなくなるはずです。

 

睡眠時間が短いのにも関わらず、早起きをしようとすると起きた時にグッタリとしてしまいますし、日中の激しい眠気にも繋がります。

 

しかし、前日に早めに寝ていれば早起きをしたとしても、睡眠時間が削られるというわけではないですし、朝日を浴びればリフレッシュした気分になるはずです。

 

寝起きに朝日を浴びるというのは早起きを継続する有効な方法の一つで、体内時計がリセットされ、夜になるにつれて睡眠ホルモンがきちんと分泌されるようになります。

 

睡眠ホルモンが分泌されれば自然と眠気に襲われるようになりますし、夜更かししたいとは思わなくなるので、早起きを続ける大きな秘訣だと言えるのではないでしょうか。

 

早起きを続け、毎日のようにお弁当を作るというのは決して楽なことではありませんが、旦那さんや子供に感謝されれば嬉しいはずなので、それが早起きへのモチベーションに繋がります。

 

モチベーションのアップも早起きを継続させるためには必要なことで、「美味しいお弁当を作ろう」というだけではなく、「余った時間で運動をしてダイエットをしよう」といった目標があればやる気が上がるはずです。

 

夜型が適しているという方はいらっしゃるので、無理に朝型に正す必要性はないものの、早寝早起きは美容にも良いという特徴があるので、一度試みてください。

 

 

 

 


「早起きの習慣」についてのページ