早起きして朝活

 

 

早起きして朝活しよう

早起きして朝活しようと思っていても、三日坊主で終わってしまうという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

朝の時間帯を有効に活用し、仕事や勉強、習い事といったことを行う朝活は、気分がリフレッシュしている時間帯に行うため、非常に効率が良いというメリットがあり、掃除にしても仕事にしても、夜の眠い時間帯に行うよりも捗らせることができます。

 

夜型の生活が続いていたという方にとって、早起きして朝活するというのはハードルが高いのですが、早起きを継続するコツを行うことで三日坊主で終わらずに済むのです。

 

その一つとして、夜の12時までに眠りにつくということが挙げられ、早く寝ればそれだけ睡眠時間を確保できるため、早起きしやすいということはお分かり頂けると思います。

 

どんなに長期的に早起きを続けていたとしても、睡眠時間が足りなければ疲労は溜まる一方ですし、実際に朝活しようと行動を起こしても思っているように動くことができないのです。

 

早起きするためには、日々のリズムをきちんと作らなければならないため、どんなに遅くても12時までには眠るように心掛け、同じ時間に起きるという生活を続けていきます。

 

夜の10時から深夜の2時までに眠れば、成長ホルモンがより多く分泌されるという利点もあるので、美容のためにも早寝早起きを毎日の生活に取り入れるのは非常に有効な手段なのです。

 

また、睡眠時間を確保するというだけではなく、質の高い眠りを手に入れなければ早起きすることはできないため、寝付きを良くするためにリラックスできる音楽を部屋の中に流したり、半身浴をするというのも選択肢の一つだと言えます。

 

近年において、意識の高いビジネスパーソンの間で、朝の時間を有意義に過ごす朝活は流行っており、規則正しいリズムを習慣化させることで、ありとあらゆることのモチベーションがアップするのです。

 

夜に行動をしているという方は多くいらっしゃるかもしれませんが、夜の人間の脳は散らかった机のような状態で、睡眠によって秩序正しく本などが棚に片付けられるという仕組みとなっております。

 

そのため、試験前に徹夜でテストに臨むという行為は、持っての他だと言えるでしょう。

 

きちんと睡眠をとって朝に活動するように心掛けていれば、記憶が整理されて頭のメンテナンスが行われ、前夜では思いつかなかったようなアイデアが出てくることも十分にあり得るのです。

 

もちろん、朝起きて直ぐにバリバリと活動しなければならないというわけではなく、目が覚めてからカップ一杯の白湯を飲み、気持ちを落ち着けてから朝活を行えば、日中の活動のクオリティもアップするため、是非試してみてください。

 

 

 

 


「早起きの習慣」についてのページ