早起きの習慣

 

 

早起きの習慣について

「早起きを習慣化させるには、どのようなことをすれば良いのだろうか?」という悩みを抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、一日だけ早寝早起きの生活をしたとしても、その後に堕落してしまえば全く意味がありませんし、健康と美容を手に入れることは絶対にできないのです。

 

そこで、このページでは早起きを自分の生活に馴染ませ、習慣化させる方法について詳しく説明しているので、是非参照してみてください。


1週間から2週間かけて早起きを習慣化させよう

早起きを習慣にするには、短期間だけではなく、最低でも1週間から2週間は続ける必要があります。

 

平日は早寝早起きの生活ができたとしても、休日に平日の睡眠時間を取り戻そうと遅くまで寝てしまう方がいらっしゃいますが、これでは習慣化させることはできないのです。

 

毎日仕事をするというのは疲労が溜まりますし、ストレスも加わるので、「休みの日くらいはゆっくりと寝ていたい」と考えるのは決しておかしな話ではありません。

 

しかし、一日の生活リズムの崩れが、平日の早起きを阻害している可能性は高いので、休日は平日に起きる時間よりも1時間以上遅く起きないようにするべきです。

 

そして、2週間はこのような生活を続け、自分が設定した時刻に起きたら、窓を開けたりベランダに出たりして、太陽の光を浴びるようにします。

 

太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、辺りが暗くなるにつれて睡眠に欠かせないメラトニンと呼ばれるホルモンが分泌されるようになるのです。

 

早起きをしていても、睡眠時間が足りなければ翌日のパフォーマンス力の低下に繋がるため、平均的に7時間程度は眠るようにしましょう。

 

このような生活を2週間程度続けていれば、自然に早起きの習慣が自分の身体にしみ込むはずなので、早速実践してみてください。


早起きして何がしたいのか明確にしておこう

早起きを習慣化させるには、自分は早起きをして何がしたかったのか明確にしておく必要があります。

 

早起きをして朝日を浴びるだけでも十分に効果は期待できるものの、ベッドの中でゴロゴロとしていたり、テレビをダラダラと見ていたのでは夜更かしをしているのと大きく変わらないのです。

 

「凝った朝食を作ってみよう」「朝にジョギングをしてみよう」「重いタスクを処理しよう」というように、簡単なことで良いので、早起きしてやりたいことを明確にしておくようにしましょう。

 

そうすれば、早起きへのモチベーションを大きく上げることができますし、それが楽しいことであれば早起きすることが苦だと感じなくなり、自然に起きられるようになるというわけです。

 

ただ何となく頭で想像していても、朝になって忘れているという可能性は十分にあるので、前日にやりたいことを紙にリストアップし、一日の計画を立てておくのが良いかもしれません。

 

 

 

 


「早起きの習慣」についてのページ