早起きとストレス

 

 

早起きとストレスについて

「早起きは子供が心掛けなければならない習慣だ」と考えている方はいらっしゃいます。

 

大人は夜更かししても遅く起きても、特に悪影響がないと思うかもしれませんが決してそんなことはなく、ストレス対策として早起きを心掛けるべきです。

 

早起きは健康的な生活を送れるというだけではなく、毎日早く寝る癖をつけることで睡眠の質が向上し、朝の脱力感や心身の疲れを回復させることができるため、結果としてストレスの緩和に繋がります。

 

現代社会は何かとストレスが溜まりやすく、上手く発散できていないことで免疫システムに異常が出たり、神経系や循環系機能に悪影響を及ぼしたりと、様々なトラブルに繋がるのです。

 

早起きをするだけでストレスを和らげることはできないものの、疲労や寝不足といった身体の不調を治すことは大事ですし、規則正しい生活がその大きな第一歩だと言えるでしょう。

 

特に、早起きをして朝の早い時間帯に散歩やジョギングといった運動を行うのが最適で、朝日を浴びることで気分がリフレッシュし、ストレスの解消に繋がりますし、ダイエットの方法としても適しております。

 

夜に運動をするよりも早朝に運動をした方が遥かに気持ちが良いので、より大きな効果を期待できるというわけです。

 

とは言え、就寝時間を1時間程度早めただけでは早起きの習慣を身に付けることはできませんし、全体的な睡眠時間が短くなっては全く意味がないので、理想は子供の寝る時間だと説明できます。

 

8時に会社に出勤しなければならない人であれば、最低でも10時に眠るようにすれば5時に早起きしたとしても7時間は眠れるので、睡眠不足に陥るということはありません。

 

テレビやパソコンで遊ぶのは楽しいですし、夜更かしがストレス解消になっているという方はいらっしゃるものの、光による刺激は考えている以上に強く、快適な睡眠を阻害する大きな原因となります。

 

このような習慣が長く続いていると、朝になっても疲れが取れていないので調子が上がりませんし、心身ともに疲れやすくなるので、ストレスが溜まりやすくなるのです。

 

生きていれば何かしらのストレスを感じるものですし、絶対にストレスから逃れることはできませんが、遅寝遅起きの生活は自分からストレスを溜め込む原因を作っているようなものなので、早寝早起きを心掛けた方が良いということはお分かり頂けるでしょう。

 

早起きして太陽の光を浴びることでストレスが軽減されるということは医学的に解明されておりますし、人口照明装置を使ったうつ病の治療は実際に行われております。

 

過度のストレスを抱えた状態で過ごしていると、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を呼び起こす大きな原因となるので、十分に注意してください。

 

 

 

 


「早起きと関係のある症状」についてのページ