早起きと胃もたれ

 

 

早起きと胃もたれについて

胃もたれや胃痛といった症状に悩まされているのであれば、早寝早起きを心掛けて、規則正しい生活を送るべきです。

 

不規則な生活は胃に大きな負担が掛かり、体質によっては直ぐに胃もたれが引き起こされるので、早寝早起きは予防に必要だと説明できます。

 

中には、早起きが原因で胃もたれが生じるという方がいらっしゃいますが、これは早起きが原因というわけではありません。

 

早起きをしていても睡眠時間が足りなかったり睡眠の質が低かったりといった方は、疲れをとることができていないため、胃もたれも引き起こされやすくなるのです。

 

特に、就寝前に食べ物を食べているという方は、食べ物の種類に関わらず、胃もたれの源となるので注意した方が良いでしょう。

 

早い時間帯に夕飯を食べると、深夜になってお腹が空くことが多いので何か食べたいと考えるかもしれませんが、食べたものが消化されるまでは平均的に2時間〜3時間程度費やします。

 

そして、寝ている間も胃や腸は消化活動を行わなければならないため、睡眠の質が低下し、早起きできない原因となるのです。

 

尚且つ、脂っこいものを食べているのであれば胃もたれの原因となるだけではなく、メタボリックシンドロームを呼び起こす大きな要因ともなるので、就寝前は水分の摂取だけに留めておくのが適しております。

 

朝食と昼食を兼用しているという方ほど、夜にお腹が空くということが多いため、朝食をゆっくりと食べる時間を作るためにも早起きは欠かせないのです。

 

朝の時間帯に余裕があれば朝食を食べることはできますし、何よりも身体が適度に疲れるため早く寝やすく、夜食を食べたいと感じる前に眠りにつくことができます。

 

また、アルコールを摂取するという方は、お酒の飲み過ぎによって胃もたれが引き起こされることが多く、場合によっては症状が慢性化することもあるのです。

 

食べ過ぎや飲み過ぎによって胃もたれが生じているのであれば、普段の生活に注意すれば良いのでそこまで深刻ではありませんが、胃自体が弱まっているという可能性もあります。

 

それに、他の病気が隠れていることも十分にあり得るので、あまりにも胃もたれや胃痛が生じる回数が多いというのであれば、病院で検査を受けてみた方が良いかもしれません。

 

早寝早起きの生活を長期的に続けていたとしても、病気によって胃痛や胃もたれが生じているのであれば、根本的な原因を排除しなければ改善できないのです。

 

現在引き起こされている胃痛を和らげたいというのであれば、市販で販売されている胃薬に頼るのは一つの方法ですが、一時的な解決にしかならないということを頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「早起きと関係のある症状」についてのページ