早起きと代謝

 

 

早起きと代謝について

基礎代謝とは、呼吸や体温調整など私たちが生きていく中で欠かせない行動を起こす際に消費されるエネルギーのことを指し、寝ている間にも消費されております。

 

基礎代謝が下がると、深部体温も下がり血液の循環が滞って手足の冷えといった症状が生じるので、早起きをして基礎代謝をアップさせるべきです。

 

早寝早起きといった規則正しい生活は基礎代謝のアップに繋がり、食事で得たエネルギーを蓄えずにその日のうちに消費しやすいということを指しているため、脂肪を燃焼しやすい体質を維持できます。

 

ダイエットを考えている女性は、食事制限を行わなければならないと考えているかもしれませんが、確かに食事量を制限することも大事なものの、基礎代謝を上げるようにしなければなりません。

 

また、基礎代謝が下がることで女性の悩みの一つであるむくみや水太りに繋がるため、活発にさせるためにも早起きをして、身体を温めるような朝食を食べる必要性があります。

 

もちろん、睡眠不足は厳禁で、いくら早起きをしていても全体的な睡眠時間が減っていては全く意味がないため、きちんと確保しなければならないというわけです。

 

それと同時に、睡眠時間を伸ばすというだけではなく、眠りの質を高めることができれば少ない時間でも疲労を回復させることができるため、温度や湿度を整えて睡眠に適した環境を作ったり、睡眠前にリラックスする必要があります。

 

特に、眠りに入る前にリラックスするという試みは非常に大事で、神経が興奮していると脳が覚醒して眠りにくくなってしまうのです。

 

個人によって適したリラックス方法は異なるものの、寝る前にアロマを焚いて心地良い香りを部屋の中に漂わせたり、半身浴をして身体を芯から温めたりといった対処を行うようにしましょう。

 

このような対処をしていれば睡眠の質を高められるため、少ない睡眠時間で満足し早起きへと繋がり、基礎代謝をアップさせて美容と健康の促進に繋がるというわけです。

 

他にも、基礎代謝を上げるには、「筋肉をつける」「マグネシウムを摂取する」「適度に身体を動かす」「血行を良くする」「カプサイシンをとる」といったケアが適しております。

 

このような試みを行えば、無理に食事制限をしなくてもエネルギーが消費されるため、太りにくく痩せやすい体質を維持できるというわけです。

 

無理なダイエットを長期的に続けているとリバウンドしやすい体質になりやすいだけではなく、ストレスを溜め込む大きな原因となるので注意してください。

 

 

 

 


「早起きのメリット」についてのページ