早起きと抜け毛

 

 

早起きと抜け毛について

どんなに健康的な生活を送っていたとしても、抜け毛を防ぐことは絶対にできませんし、髪の毛は日々生え変わっているため、抜け落ちてしまうことは決して不思議なことではないのです。

 

しかし、あまりにも抜け毛が多いという場合、現在の生活習慣に何かしらの問題があるかもしれないので、早起きをして予防することをおすすめします。

 

「早起きと抜け毛には関係性があるの?」という疑問を抱くかもしれませんが、毛髪も身体の一部分ということには変わりなく、生活リズムが崩れると頭皮にも悪影響が引き起こされるのです。

 

髪の毛は昼間に成長することはなく、夜に成長するという特徴があり、特に午後10時頃から午前2時頃のゴールデンタイムに新陳代謝が活発になります。

 

つまり、早起きをしていればこの時間帯に眠れていることが多いですし、成長ホルモンのお陰で髪の毛がきちんと育ち、抜け毛を予防するとともにツヤとハリに恵まれた美しい髪の毛を作れるのです。

 

そもそも、私たちの身体は日の出とともに起き出し、辺りが暗くなったら眠るというリズムがプログラミングされているため、健康のためには早寝早起きを心掛けなければなりません。

 

業種によって仕事が始まる時刻が異なるため、無理に早起きしなければならないというわけではないものの、理想は夜の11時までには布団の中に入り、辺りが明るくなる朝の6時くらいには目覚めたいものです。

 

このような健康的な生活を送っていれば、体調が悪化するということはほとんどありませんし、抜け毛の予防にも繋がるため、薄毛で悩まされている方は今すぐにでも実践した方が良いでしょう。

 

抜け毛の本数は年齢によってある程度異なり、10代は1日に20本〜50本、20代は30本〜80本、30代は50本〜100本、40代は80本〜150本というように、加齢によって増えていくという特徴があります。

 

もちろん、自然に髪の毛が抜けていることが多いため、どの程度の本数が抜けているのか確かめることができないものの、部屋の中に落ちている抜け毛があまりにも多かったり、シャンプーの際に手に大量の髪の毛が付着する場合は要注意です。

 

これは発毛サイクルによる影響なのである程度は仕方ないものの、普段の生活で予防することは十分にできるため、早寝早起きを心掛けるようにしてください。

 

また、睡眠中は頭皮や髪の毛は枕に圧迫されており、血液やリンパ液が滞りがちなので、それを解すためにも頭皮をマッサージしながら朝シャンをするのが抜け毛の予防として効果的です。

 

早起きをしても目覚めが悪いという方は、ぼんやりとした状態となってしまうため、目を覚ますためにもシャワーを浴びるのは良い対策だと言えるでしょう。

 

 

 

 


「早起きのメリット」についてのページ