早起きと健康

 

 

早起きと健康について

「早起きは三文の得」ということわざがあるように、早起きをすることで得られる効果はたくさんあり、その一つとして健康に良いということが挙げられます。

 

早い時間に起きて早く眠るのと、遅い時間帯に起きて夜更かしをするのとでは、前者の方が健康的だということは言うまでもないでしょう。

 

照明が今のように発達していない時代は、暗くなったら寝て夜が明ければ起き出すという生活をしていたに違いないですし、このような早寝早起きの習慣が人間の自然なリズムなような気がします。

 

しかし、現代は照明がこれでもかというほど発達しており、外を歩くのは全く苦ではないですし、深夜でもテレビやインターネットを使用することができるため、かなり便利になったと言えるのです。

 

とは言え、このような誘惑が多くなったため、いつまでもテレビをだらだらと見ていたり、ネットサーフィンをして遊んでいたりと、夜更かしの生活を続けている方が増えております。

 

最近の研究によって、年齢に関係なく朝型の人間の方が幸福度が高いということが分かりましたし、明らかに健康に良いということは間違いありません。

 

早寝早起きをしていると、自然と朝日を浴びることになりますが、朝の5時から10時まではマイナスイオンが空気の中にたっぷりと含まれており、身体を健康へと導いてくれます。

 

ドライヤーの風の中にも搭載されていることの多いマイナスイオンは、現代人であれば意外と馴染みが深く、「血液を浄化してくれる」「細胞の新陳代謝を活発にする」「自律神経を整える」「免疫力を高める」という効果が期待できるのです。

 

自律神経を整えてストレスを解消し、免疫力を高めて病気になりにくい身体を維持してくれるため、健康的な生活を送るために早起きをしてマイナスイオンを浴びる習慣を身に付けた方が良いでしょう。

 

夜型人間の場合、自分の身体がまだ起きていたいと願っていても、社会的に寝なければならないため、良質な睡眠が取れなくなり、その影響で健康が阻害されている可能性は十分にあります。

 

こういった体内時計と実際の時間に不具合が生じている状態を「社会的時差ボケ」と呼び、健康や免疫システムに深刻な悪影響が引き起こされてしまうのです。

 

一方で、早寝早起きを心掛けている方は、「社会的時差ボケ」に陥ることはありませんし、好きな時間に寝起きしていればストレスを感じることもないため、精神的な病気に掛かることはほとんどないですし、幸せをより感じることができます。

 

いきなり自分の生活を変えるのは非常に難しいものの、少しずつ朝型の人間になれるように努力してみてください。

 

 

 

 


「早起きのメリット」についてのページ