早起きとダイエット

 

 

早起きとダイエットについて

早起きと健康に良いというイメージを持っている方が多く、まさにその通りなのですが、実はダイエットの効果も上げられるということをご存知でしょうか。

 

もちろん、早起きしているだけで自然に体重を落とせるわけではないものの、より効果的に体重を減らすことができます。

 

「ダイエットのためには食事量を減らさなければならない」と考えている女性は多く、朝食や昼食を抜いているという方はいらっしゃるはずです。

 

人間がエネルギーを消費するためには、食事誘導性熱産生(Diet Induced Thermogenesis)という方法があり、食べ物の消化や吸収に伴って熱を発しております。

 

食事誘導性熱産生が最も多いのは午前中で、夜になるにつれてだんだんと低くなるため、朝食や昼食を抜いて夜食を食べている人よりも、早起きして朝食を食べている人の方が、大きなダイエット効果が期待できるのです。

 

また、早起きをすることで基礎代謝をアップさせられるというメリットもあり、この量が高ければ高いほど、日常的に必要なエネルギー量が増えるため太りにくい体質となります。

 

個人の体質によって微妙に異なるため、一概には説明できないものの、基本的に基礎代謝は午前中に高くなり、夜になるにつれて下がるので、早起きをすれば基礎代謝が上がってダイエット効果を上げられるというわけです。

 

単に食事制限を行うだけのダイエットはストレスが溜まって長続きしませんし、リバウンドの大きな原因ともなるので、早起きして朝食をきちんと食べ、早く寝て夜食を食べないようにするのが体重の減少に繋がります。

 

これは当たり前の話ですが、寝ている間は栄養補給ができませんし、寝起きは空腹の状態が長く続いているため、早起きして朝食を食べる習慣を付けなければならないのです。

 

ダイエットだからといって朝食を抜いていると、昼食や夕食にドカ食いする大きな原因となりますし、無駄な間食も増える可能性が高いので、結果として太ることが多くなるかもしれません。

 

活動に合わせてカロリーを摂取していれば、無駄に制限する必要はなくなるので、玄米や雑穀米と味噌汁がおすすめで、あまりお腹が空かないという場合でも、スープやホットミルクだけでも取り入れてエネルギーチャージを行うべきです。

 

他にも、早起きをしていると必然的に、夜の10時から深夜の2時までに眠りにつくことが多く、この時間帯に若返りのマスターホルモンと呼ばれる成長ホルモンが大量に分泌されます。

 

このホルモンは美肌を保つという効果以外にも、脂肪の燃焼をサポートしてくれるため、早寝早起きでダイエットが期待できるというわけです。

 

以上のように、早起きとダイエットには大きな関係性があるので、体重を落として痩せたいと願っているのであれば、規則正しい生活を送れるように心掛けてみてください。

 

 

 

 


「早起きのメリット」についてのページ