早起きして遅刻を減らそう

 

 

早起きして遅刻を減らそう

年齢や性別に関わらず朝が弱い人は意外と多く、学校や仕事に遅刻してしまうと悩んでいる人はいらっしゃいます。

 

学校ならば遅刻してもそこまで大袈裟にはなりませんし、遅刻3回で1回の欠席に値するというメリットを活かし、昼過ぎに登校する学生も多かったはずです。

 

しかし、仕事では学校のようにはいきませんし、頻繁に遅刻すれば上司から注意を受け、最悪の場合はクビになるかもしれません。

 

そのため、遅刻せずに学校や職場へと通えるように早起きを心掛けるべきです。

 

これは当たり前かもしれませんが、早起きするクセをつけていれば二度寝しない限りは遅刻せずに済むのではないでしょうか。

 

早起きできない原因は個人によって異なるので一概には説明できないものの、多くの方は夜更かししているからです。

 

 

・テレビゲームをやめることができない

・スマホのアプリに夢中になってしまう

・寝るのが勿体無いからゴロゴロしている

・パソコンでネットサーフィンをしていたら遅くなった

 

 

夜更かしすれば必然的に早起きはできませんし、人間の睡眠時間は著しく短くはできないので遅刻癖が付いてしまいます。

 

夜の10時に眠るのは難しくても12時までにベッドや布団に入るのは難しくありませんし、夜にやりたいことを朝に行うようにすれば自然と早起きに繋がるのです。

 

早起きして身体がリフレッシュした状態で勉強をすれば効率は遥かにアップしますし、テレビゲームやアプリケーションも一緒かもしれません。

 

無理に夜更かしして夜にやらなければならない理由はないですし、寝坊しないためにも早起きを毎日の生活に取り入れる努力をしてみるべきです。

 

「眠くないから早く寝ることができない」という人は、以下のように睡眠の質を高める工夫を行ってみましょう。

 

 

・寝る前に食べ物を食べない(胃腸が消化活動をせずに済む)

・コーヒーや紅茶などカフェイン飲料を寝る前に飲まない

・寝る前のアルコールの摂取は厳禁

・自律神経の副交感神経を優位にするために入浴してリラックスする

・寝る前にパソコンやスマホの画面を見ないようにする

・室温や湿度など寝室の環境を快適な状態に整える

・枕や布団など寝具を自分の身体にピッタリと合ったものに変える

 

 

上記のように、睡眠の質を高める工夫をしていれば寝付くまでの時間を短縮でき、必然的に早起きに繋がって遅刻のリスクを回避できるはずです。

 

社会人になって何度も寝坊するような状態は絶対に避けなければならないので、早起きできるように努力してみてください。

 

 

 

 


「早起きのメリット」についてのページ