早起きのメリット

 

 

早起きのメリットについて

このページでは、早起きをすることで得られるメリットについて詳しく説明していきます。

 

早起きにどのようなメリットがあるのか把握し、明日からでも実践してみてください。


自律神経を整えることができる

早起きをすることで得られる最大のメリットは、ストレスを解消し自律神経を整えられるということです。

 

自律神経は発汗や心拍など、無意識のうちに働いてくれており、人間の活動全てを支える根本のリズムだと説明できます。

 

自律神経には活動している時に優位となる交感神経と、主に寝ている時に優位となる副交感神経の2種類があり、正常な状態であれば上手くバランスを保ってくれるのですが、ストレスといった要因で乱れ、うつ病といった病気の原因となるのです。

 

自律神経のバランスが整っていれば、自身の休息をきちんと感じられるようになりますし、健康的な生活を送れることは間違いないため、早起きの習慣は人間に欠かせないと言えます。


気持ち良く朝を迎えられる

朝早くに起きることで、気持ち良く朝を迎えられるというメリットがあります。夜更かしをして夕方過ぎに起きてしまったという経験は誰にでもあるはずですが、テンションが下がって憂鬱な気分になることが多いのではないでしょうか。

 

起きて歯磨きをしたりシャワーを浴びているうちに辺りはどんどん暗くなっていきますし、直ぐに一日が終了してしまうのです。

 

その点、早起きすればたっぷりと時間があるので、「今日は休みだから買い物に出掛けよう」「今日は家の掃除をして綺麗にしよう」というように、様々な選択肢を得られます。

 

朝の時間帯に余裕を持つことは、ストレスの解消にも繋がるので、できる限り夜型の生活ではなく、朝型の生活を送るようにしてください。


作業が大きく捗る

夜の眠い時間帯に勉強をしても作業は大きく捗らないですし、朝の時間帯よりも何かと誘惑が多いので、作業が全く進まないということもあり得ます。

 

それに、一日を過ごしているため、頭も身体も疲れ果てており、勉強の途中にウトウトとして何もできなかったという経験をした方はいらっしゃるはずです。

 

その点、しっかりと睡眠を取って起きた朝であれば、疲労はリセットされておりますし、脳も休んだ後なので、高いパフォーマンスを期待できます。

 

受験生や試験を控えた学生の方は、夜にガリガリと勉強をしているイメージがあるかもしれませんが、作業を捗らせるためにも、早起きをして朝に勉強をした方が遥かに効率的なのです。

 

もちろん、勉強以外にもやることの種類に関係なく、効率良くこなすことができるという研究結果が出ているので、朝の時間帯を活用するようにしましょう。


朝ごはんをゆっくりと食べられる

現代人は時間がないということで、朝食を抜くという方が多く、昼食と兼用している方は少なくありません。

 

しかし、一日を元気良く過ごすためにも朝ごはんを食べるのは非常に重要で、エネルギーを取り入れていないと、日中の眠気が酷くなったり集中力がなくなったりします。

 

その点、早起きをすれば時間がたっぷりとあるので、朝ごはんをゆっくりと食べられるというメリットがあるのです。

 

空腹で通勤するのも、急いで食事をとるのも健康的に良いとは言えないので、普段よりも1時間程度早く起きて朝食を食べられる時間を確保しましょう。


ラッシュアワーを回避できる

これはサラリーマンや学生に限ったメリットだと言えますが、早起きをすることによってラッシュアワーを回避することができます。

 

缶詰のような電車に乗り込み、ギュウギュウに押し潰されて不快な思いをして、会社や学校に着く前にストレスが溜まったという経験をした方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、早起きすればラッシュアワーを避け、自分だけのゆっくりとした時間を満喫できるので、イライラせずに一日を過ごすことができます。

 

 

 

 


「早起きのメリット」についてのページ