早起きとゴールデンタイム

 

 

早起きとゴールデンタイムについて

睡眠の質という観点から見て、夜の10時から深夜の2時までのゴールデンタイムと呼ばれている時間に眠ることは大事です。

 

健康的な生活を送れるというだけではなく、よりシャープに美しくなれると言われているので、女性の方は早起きをしてゴールデンタイムには布団やベッドに入るという生活がおすすめとなっております。

 

お仕事の関係上、ゴールデンタイムに布団やベッドに入るというのは少々難しいかもしれませんが、美容と健康のためには良質な睡眠が欠かせないため、早寝早起きの習慣を身に付けた方が良いのです。

 

具体的に説明すると、ゴールデンタイムに眠ることで疲労回復効果を高められたり、成長ホルモンの分泌を促して美肌を維持し老化防止に繋がったりと、様々なメリットがあります。

 

それに、ゴールデンタイムに眠れば必然的に早起きができるようになるので、時間と心に余裕ができ、リフレッシュしてストレスを解消させることもできるのです。

 

成長ホルモンは美容と関わりがあるだけではなく、ガンといった病気の芽を取り去り、健康メンテナンスを行ってくれるので、多く分泌された方が良いということはお分かり頂けるでしょう。

 

寝る時間帯に注意するだけで、キレイと健康を手に入れられるホルモンが増えるのですから、早寝早起きは今すぐにでも試すべきです。

 

しかし、このようなメリットだけではなく、「飲み会に行けないため友人との付き合いが難しくなる」「時間に束縛される」といったデメリットがあります。

 

人付き合いも欠かせない大事な要素ですし、無理をしてまでゴールデンタイムに眠る必要はないものの、夜の12時から深夜の2時までのシンデレラタイムには眠りに付く習慣を身に付けた方が良いかもしれません。

 

朝日が出る時間帯の4時や5時に寝ていたのでは早起きは絶対にできないですし、無理に早く起きたとしても睡眠不足で身体が疲れているはずなので意味がないというわけです。

 

現代人の多くは睡眠不足という悩みを抱えておりますが、何となく身体がだるいなという倦怠感だけではなく、高血圧や糖尿病、うつ病といった病気になるリスクを高めます。

 

1日や2日程度の睡眠不足であれば、身体に悪影響が施されるということはないものの、毎日のように続いていては快適な生活を送ることができないのです。

 

遅寝遅起きといった不規則な生活から身体のバランスが崩れ、睡眠不足に陥るということは十分に考えられます。

 

一度狂った生活を元に戻すのは並大抵のことではないので、できる限りゴールデンタイムまでに眠り、やりたいことは早起きをして朝にやるようにしてください。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ