早起きとモチベーション

 

 

早起きとモチベーションについて

人間であればやりたくもない仕事を続け、ストレスを溜めながらも働き続けなければならないという場合が少なからずあります。

 

自分から進んで仕事をやりたいというわけではないですし、尚且つ給料が低いのであれば、モチベーションが上がらないかもしれないので、そのような方は早起きをしてみるべきです。

 

「早起きをして何が変わるの?」という疑問を抱いている方がいらっしゃるかもしれませんが、朝早くに目覚める習慣を身に付ければ、モチベーションを大きく上げることができます。

 

夜の時間に行動するよりも、朝早い時間帯に朝日を浴びながら何かをすることによって、気分がリフレッシュするというのはお分かり頂けるはずです。

 

受験生や試験を間近に控えた学生の方は、夜遅くまで勉強をしていることがあるかもしれませんが、何となく身体が重くやる気が起きないと感じたことはありませんか。

 

しかし、夜に勉強をガリガリと行うよりも、早起きして取り組んだ方がモチベーションが上がり、勉強を効率良く進めることができるのです。

 

実際に試験の日に徹夜で迎えるというのは持っての他で、私たちの脳は寝ている最中に記憶を整理するという性質があるため、徹夜で試験に挑むと、前日の記憶が整理されていないため、大きな力を発揮することができないしょう。

 

そのため、試験の日は前日に早めに寝るように心掛け、早起きをして追い込みをかけた方が圧倒的に効率が良いと説明できます。

 

また、早起きの習慣を身に付けたいと考えていても、思うように行動ができずモチベーションが上がらないということで悩んでいる方は多いはずです。

 

人間のやる気に関して説明できるものの一つとして、「自己決定理論」があり、自分が興味を持ったことや満足できる趣味などに対してモチベーションが上がることが分かっております。

 

早起き自体を楽しむというのは少々無理がありますし、長く続けることは難しいため、「早起きして自分がやりたいこと」「早起きして自分が満足できること」を書き出せば、その願いが深層心理に刻み込まれ、「頑張ろう」とモチベーションを上げることができるのです。

 

早起きをしたいと自然に考えることができれば、決まった時間に起きることはさほど難しくないですし、目覚ましを止めて二度寝することも少なくなるかもしれません。

 

遅寝遅起きの生活を長期的に続けていては、何事に対してもモチベーションを上げるのは少々困難なので、早起きできるように自分の生活習慣を変えてみてください。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ