早起きと時間の使い方

 

 

早起きと時間の使い方について

早起きする大きなメリットとして、有効な時間の使い方ができるということが挙げられ、夜に行うことを朝に行うだけでも効果的だと言えます。

 

例えば、勉強であれば夜の眠いときに行うよりも、気分がリフレッシュできている朝に行う方が効率的だということはお分かり頂けるはずです。

 

早起きしたからといって、グウタラな生活をしていては全く意味がないものの、時間の使い方次第では充実した一日を送ることができるため、なるべく早起きする習慣を身に付けた方が良いと説明できます。

 

1日の中でも、どうも調子が上がらないという時間帯と、パフォーマンスが一気に上がる時間帯の2つがあるのは事実で、早朝は確実に後者に値するのです。

 

早起きして有効な時間の使い方ができるという方は、自分の時間をコントロールするのが上手で、与えられた時間の中で効果を発揮することができるでしょう。

 

「自分には時間がないから夜更かししなければならない」と考えている方は、効率の良い時間の使い方ができていない場合が多く、一種の言い訳だと言えます。

 

早起きするというのは、自分の時間をコントロールして確保していくための大事な工程なので、そのコツを早く掴むために今直ぐにでも早寝早起きの習慣を心掛けた方が良いのです。

 

毎晩のように夜更かしをしてマンガを呼んでいたり、だらだらとテレビを見たりしていたのでは、本当にやりたいことができなくなりますし、翌朝の目覚めもスッキリとしなくなります。

 

夕日が沈みかけている夕方以降に起きて、ガックリと肩を落とし、やる気がなくなったという経験をした方はいらっしゃるはずです。

 

その点、早起きをすれば気分が沈むことは絶対にないですし、「朝食を作ってみよう」「朝の散歩に出掛けてみよう」「気になっていたキッチンの掃除をしてみよう」というように、色々な選択肢が生まれることは間違いありません。

 

それに、何よりも有効な時間の使い方ができるというだけではなく、早起きの習慣を身に付けていると、自然と眠る時間帯が早くなります。

 

夜更かしをして早く起きるというのは難しいですし、12時前には眠りについてしまうということも少なくないでしょう。

 

人間にとって質の良い睡眠の時間帯は、午後の10時から深夜の2時までだと言われており、このタイミングで成長ホルモンが分泌されるという仕組みです。

 

昼過ぎまで寝ていて、自分では疲れが取れたと感じていても、身体のホルモンバランスが上手く調整できなくなるので注意が必要となります。

 

自分の生活習慣は直ぐに変えられるものではありませんが、少しずつで良いので健康的な生活を送れるように心掛けてみてください。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ