早起きと減量

 

 

早起きと減量について

早起きをしてからというもの、自分では特にダイエットを行っていなくても、知らず知らずのうちに減量できていたという方は多くいらっしゃいます。

 

早起きをして生活を朝型にすることで規則正しく過ごすことができますし、朝食を食べる時間をゆっくりと作ることができるため、一日三食を食べることで減量効果が得られるというわけです。

 

「1日2食の方が減量できるのでは?」と思うかもしれませんが、確かに食べる量を減らせば体重を落とすことができるものの、その分夜にお菓子といった間食をしていては全く意味がありません。

 

炭水化物の摂取量を減らすことができても、間食によって太る可能性が出てくるので、減量はできないというわけです。

 

朝食を抜いているという方は、その分のしわ寄せが夜にいくことになるので、ダイエットの弊害になるということはお分かり頂けると思います。

 

一日の食事量は一緒だとしても、「夜に多くの量を食べている方」と「夜は少なめにしている方」とでは、前者の方が体重が増加しやすいということが分かりました。

 

既に、テレビや雑誌で取り上げられている事実ですが、夜に食べる量を増やすと減量の大きな弊害となってしまうため、早起きをして朝食を食べる習慣を身に付けた方が良いのです。

 

私たちの体内では、絶えず「BMAL1」と呼ばれるタンパク質が合成されており、体内時計をリセットさせるという大きな役割を担っているものの、身体に脂肪を蓄えるという厄介な特徴もあります。

 

特に、「BMAL1」の生成量が多い時間帯は、夜の10時から深夜の2時までのゴールデンタイムなので、この時間帯になるべく食べ物を取り入れるべきではないのです。

 

もちろん、早起きをしていて朝食を食べるような習慣がしみ付いていれば、夜の12時くらいには眠くなりますし、18時〜19時には夕飯を済ませているはずなので、少しずつ減量できることは間違いありません。

 

とは言え、一日に3食を食べる規則正しい生活を送っているだけでは、大きな減量効果を得ることはできないため、ダイエットを考えている女性の方は、食事の種類にも注意する必要があります。

 

規則正しくても肉類や甘いものばかりを食べていては、体重は増加する一方ですし、食生活の偏りは不健康になる大きなきっかけとなるのです。

 

そのため、減量したいという気持ちが強いのであれば、肉類に偏った食生活を避け、野菜や果物なども平均的に取り入れて、バランスを重視するようにしましょう。

 

アンバランスな食生活を改善していれば、極度の食事制限を行わなくても減量はできるはずです。

 

また、消費エネルギーを増やすこともダイエットには欠かせないため、ウォーキングといった軽い運動でも良いので、身体を動かすようなクセを付けてください。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ