早起きと学力

 

 

早起きと学力について

早起きをすれば学力がみるみるうちに上がっていくという単純な話はありませんが、この2つは意外と深く関係しております。

 

早起きして朝ごはんをしっかりと食べている生徒は学力が上がりやすいと考えられており、これは恐らく生活習慣が正されるからです。

 

夜更かしして遅寝遅起きの生活をさせていると、当然のように学校に間に合わなくなるので朝ごはんを抜くという子供が多いかもしれません。

 

しかし、朝食は身体へのエネルギーを供給するために欠かせないですし、夜に寝てから起床するまでの数時間はお腹の中に何も入れていない状態なので、身体はエネルギーを欲しております。

 

にも関わらず、朝ごはんを抜くと言わばプチ断食状態となり、集中力や記憶力が欠けたまま学校の授業を受けなければならないため、学力のアップには繋がらないのです。

 

一昔前に、「10時以降まで起きている子供はペーパーテストの結果が悪かった」「朝食をとっている生徒の方がペーパーテストの得点が良かった」といった内容が新聞で取り上げられました。

 

早寝早起きの規則的な生活を毎日続けて朝食をとれば、少なからず学力のアップが期待できるのです。

 

幼い頃から生活習慣が乱れていると、大人になって整えるのは非常に難しいので、親御さんが早寝早起きの生活をさせるようにきちんと指導した方が良いでしょう。

 

早起きして朝食をゆっくりと食べる時間があれば、顎を動かして歯で食べ物を噛むため、脳が刺激されて身体を目覚めさせることができます。

 

内臓も消化された栄養素を吸収し始めますし、全身の細胞に酸素と栄養素が行き渡りやすくなり、体温も上昇して活動的な状態になるのです。

 

眠くてエネルギーが足りずボーっとした状態よりも、ハキハキと活動的な状態の方が健康的なのはお分かり頂けるかもしれません。

 

生活習慣の乱れによって子供の学力が低下しやすいだけではなく、気力の低下の要因ともなりますし、「寝る子は育つ」というのは決して嘘ではないのです。

 

睡眠には心身の疲労を回復させ、脳や身体を成長させるために欠かせない人間の行動なので、ただ早起きさせるだけではなく夜更かしを防いで早く寝させるように試みましょう。

 

睡眠時間の減少により、体温を下げて眠りへと誘うメラトニンや骨や筋肉の成長を促す成長ホルモンといった子供に必要な脳内物質の分泌が妨げられるので、親御さんが注意して子供の生活習慣を正すようにしてください。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ