早起きと朝日

 

 

早起きと朝日について

心地良い目覚めを得るためには朝日を浴びるというのが一番で、セロトニンと呼ばれる脳内物質が分泌され、脳が活動するのに適した状態となります。

 

日光ではなくとも、電灯などの光でもセロトニンは分泌されますが、朝日が体内時計をリセットして1日が始まるということを身体に伝えてくれる一番の方法なので、早起きを心掛けた方が良いというわけです。

 

もし、不規則な生活習慣によって体内時計に狂いが生じると、「夜に寝れない」「朝に起きられない」といった身体になるので十分に注意しなければなりません。

 

体内時計をリセットするためには、2500ルクス以上の光が必要だと言われており、室内の蛍光灯では500ルクス程度なので、あまり大きな効果が得られないということがお分かり頂けるはずです。

 

その点、晴天の際に屋外に出ると、5万ルクス以上もの光量があるので、体内時計の狂いを解消するためにも、早起きをして朝日を浴びる習慣を身に付けた方が良いと言えます。

 

また、太陽の光は朝日でも昼前の日光でも変わらないと考えるかもしれませんが、実は時間帯によって変わるという特徴があり、その中でも朝日は少しずつ周りが明るくなる瞬間が非常に美しいのです。

 

朝日を見るためには早起きをしなければなりませんし、遅く起きたのであればこの素晴らしい光景を目にできないので、早寝早起きの生活を心掛けた方が良いでしょう。

 

翌日が休みだからといって夜更かしをしてしまい、夕方以降に起きると身体がだるい感じがしますし、気分的にもスッキリとしない状態が続きます。

 

この大きな原因は、朝日を浴びてリフレッシュできていないからで、朝にジョギングやウォーキングといった運動をすれば、普段よりも快適な1日を送れるという効果があるのです。

 

実際に朝日を直接浴びなくても、早起きして目が覚めたらカーテンを開けて、たくさんの朝日を部屋の中に取り入れることにより、爽快な気分になります。

 

遅く起きるとどんよりとした気分になる可能性が高いですし、もう夜に近づいているという事実がストレスを溜め込む原因となっているかもしれません。

 

ストレスが身体に引き起こす影響は大きく、夜に眠気が起こらないという状態や、頭痛や吐き気といった心身の異常にも繋がるのです。

 

このような不快な症状を少しでも予防するために、早起きをして朝日を浴びるのが効果的で、日光の刺激があれば適切な時間帯に睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるので、自分の望むタイミングで眠ることができます。

 

もし、遮光カーテンを使っていたり、防犯のために雨戸を閉め切って寝ているという方は、朝起きたら必ず窓を開けて朝日が差し込むような対策を行ってください。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ