早起きの効果

 

 

早起きの効果について

「早起きは三文の得」という誰でも知っていることわざがあるように、早起きをすることで様々な効果を得ることができます。

 

「遅く起きても早く起きてもやることに変わりはないのでは?」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

「遅寝遅起き」でも「早寝遅起き」でも駄目で、早く寝るとともに朝日が出てきてそれと同時に目覚めるというリズムが人間には一番適しており、生活サイクルが安定するという効果が得られるのです。

 

他にも、このページでは早起きすることで得られる効果について詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。


心身ともに健康になる

早起きをすることで、心身ともに健康になるというのが大きな効果の一つだと言えます。

 

テレビやパソコンを見て夜更かしした生活を長期的に行っていると、血圧やコレステロール値にダメージを与える結果となり、健康が阻害される可能性が非常に高いのです。

 

もちろん、早起きを心掛けるためには、前日の早い時間帯に眠りに付かなければならないものの、自然と眠くなってから布団やベッドに入り、朝日が出てから少し経って起きるようにすれば健康的な生活が送れます。

 

それに、朝早い時間帯に起きると気分がスッキリとする効果もあり、精神的にも肉体的リラックスできるため、ストレスを軽減させることができるのです。


1日にできることが多い

早起きをすると、外が明るいうちにできることが多くなるという効果があり、何だか得をした気分となります。

 

前日に夜更かしをして明け方近くに眠り、早く起きようと思っても起きられず、気が付いたら夕日が沈む時間帯に起きたという経験をした方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このような生活では、外が明るいうちにできることが限られておりますし、1日にできることが少なくなるので、損をした気持ちになってしまうのです。

 

早起きをすれば、「気持ちが良いから散歩してみよう」「今日は休みだから何か新しいことをしてみよう」というように、色々な選択肢が生まれるという効果があります。


記憶力が増加する

私たちの脳は、寝ている最中に精神や考えをまとめるという特徴があり、早起きすることで気分がリフレッシュし、記憶力が増加するという効果を得られます。

 

受験生や試験前の学生の方で、夜多くまで勉強をして追い込みをかけていることは少なくありません。

 

しかし、夜は1日を過ごした疲れによって、身体や脳は早く寝たいという状態になっておりますし、徹夜で試験に挑むというのは記憶が頭の中で整理されないため、絶対にしてはいけない方法なのです。

 

ぐっすりと睡眠をとった後は疲れが溜まっておりませんし、誘惑も少ないというメリットがあるため、早く寝て早起きをして勉強をするのが効率的だと言えます。


ダイエットの効率がアップする

あまり知られていない事実かもしれませんが、早起きをすることによってダイエットの効率がアップするという効果が得られるのです。

 

これは、副腎皮質から分泌されているコルチゾールと呼ばれるホルモンが深く関係しており、コルチゾールが分泌されることによって、炎症や痛みを和らげてくれるため、ストレスの解消に役立ちます。

 

コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれており、朝の8時半頃まで分泌され、体内の余分な脂肪を分解してダイエット効果が期待できるというわけです。

 

しかし、この時間帯を過ぎた後に起きると、消費されるはずだったブドウ糖などが元の場所に戻ってしまうため、効率良くダイエットをしていくためにも、早起きをした方が良いということがお分かり頂けるでしょう。

 

 

 

 


「早起きの効果」についてのページ