早起きと寝具

 

 

早起きと寝具について

早起きの生活リズムを手に入れるためには、快適な睡眠を得なければならないため、寝具選びは非常に重要な要素の一つです。

 

枕や布団、そしてマットレスといった寝具は睡眠と大きく関わっており、自分に合ったものを使用しないと睡眠が阻害されるだけではなく、肩こりやいびきといった症状を誘発する大きな原因となります。

 

仮に、早起きをするために夜の11時に寝て朝の6時に起きようと考えていても、寝具が自分に合っておらず、いつまでも寝付けなかったり睡眠の途中で何度も起きるようであれば、睡眠時間はどんどん短くなるので早起きができないのです。

 

寝具の主な仕事は疲れきった身体を回復させることであり、枕一つにしても大きさや材質、そして高さなどは製品によって大きく異なります。

 

枕の材質に関しては、ポリエステルわた・低反発ウレタン・ひのき・コンフォロフトわた・羽根など様々あり、どれも一長一短なのでどれが最適なのか一概に説明することはできないものの、自分の首にフィットする高さがあることは間違いありません。

 

実際に枕を首に当ててみて、気持ち良く眠れるかどうか確かめてから購入するのがベストです。

 

ありとあらゆる寝具の中でも枕の存在は非常に大きく、熟眠を得られるかどうか枕で決まると言っても過言ではないため、快適な睡眠を得て早起きをしたいのであれば、慎重に選ぶ必要があります。

 

また、最近では枕の中に香りの良いラベンダーやハーブを入れるという方も多く、興奮を鎮める作用が期待できるので、リラックスして眠ることができるというわけです。

 

もちろん、布団の柔らかさや重さも忘れてはならないポイントの一つで、硬すぎると腰痛や背骨を痛める大きな原因となりますし、柔らかすぎると寝返りがうちづらくなるので翌日の疲労に繋がります。

 

そのため、自然に寝返りをうてる重さの布団で寝ることが、眠りの質を高めて早起きをする重要な要素だと言えるでしょう。

 

他にも、遠赤外線熱と電位によって睡眠中に疲労感を回復できるという寝具が販売されており、自分の身体の体温変化に合わせて加温することにより、ストレスが解消できて自律神経の安定に繋がるのです。

 

慢性的な疲労を抱えているという方は、毎日の睡眠によって少しずつ取り除いていかなければならないので、このような寝具を購入するのは早起きを心掛けるためにも必要だと言えます。

 

しかし、電磁波の発生する寝具を選んでしまうと、上質な寝具でも疲れを取ることができませんし、眠りが浅くなるという特徴があるので十分に注意しなければなりません。

 

以上のように、早起きをする上で寝具選びは重要なので、少々高価なものだとしても、自分に適したものを選ぶようにしてください。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ