早起きの練習

 

 

早起きの練習について

子供の頃から早起きが苦手で全く起きられないという方は、どのように早起きをすれば良いのか分からないかもしれません。

 

しかし、不眠症といった睡眠障害を抱えていないのであれば、練習によって誰でも早起きをすることはできますし、規則正しい生活を送れるようになります。

 

とは言え、夜型の生活が身に付いているという場合、いつも通りに過ごしていたところで早起きをすることはできないので、きちんと練習をしなければならないのです。

 

その練習方法として、まずは「早起きをするぞ」という意識を高めることが大事で、早起きをしてどのようなことをしたいのかノートに書き出してみるのが良いと思います。

 

「朝早く起きて身体を動かしたい」「朝の時間帯に資格の勉強をしたい」など何でも良いので、ある目標を持って早起きに望むのが最適なのです。

 

「早起きが辛い」という感覚から、「早起きが楽しみ」という感覚に移行することにより、少しずつ正しい生活リズムに戻していくことができます。

 

ただ目覚まし時計をたくさん用意して早起きに望むという練習方法ではストレスが溜まってしまいますし、長続きしないことは間違いないでしょう。

 

早起きの練習方法によっては楽しく取り組むことができるため、心身に負担が掛からない程度に行っていかなければならないのです。

 

また、早起きをするためには、早く寝なければならず、睡眠時間が3時間や4時間程度では朝早く起きたとしても疲れが溜まりますし、規則正しい生活とは言えません。

 

昼夜逆転の生活を送っている場合、そのリズムを元に戻すというのは決して並大抵のことではありませんが、少しずつ夜更かしの欲望を我慢し、寝る時間を早めていくべきです。

 

睡眠時間は個人によって大きく異なるものの、早く寝れば必然的に早く起きることができますし、早起きが苦だと感じなくなります。

 

夜の10時から深夜の2時までをゴールデンタイムと呼び、この時間帯に睡眠を取ると成長ホルモンが分泌されやすくなり、健康と美容に効果的なので、まずはゴールデンタイムに寝る練習を行うべきです。

 

サラリーマンの方はこの時間に寝るのが少々難しいかもしれませんが、最低でも12時までに眠るように心掛けていれば、朝早くに起きることは十分にできます。

 

夜にやろうと思っていたことを朝にやれば、気分がリフレッシュしているため、勉強にしても掃除にしても効率良く行うことができるのです。

 

以上のように、練習によって早寝早起きの生活を手に入れることはできるので、早速チャレンジしてみてください。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ