早起きのおまじない

 

 

早起きのおまじないについて

早起きの方法として、おまじないも効果があり、実際に試しているという方はいらっしゃいます。

 

「おまじないで早起きができたら苦労しない」と考えるかもしれませんが、簡単な自己暗示は意外と効果が高く、全ての要素をプラスに考えることによって、早起きができるようになるのです。

 

例えば、「早起きしないと上司に怒られる」というおまじないをかけても全く意味がなく、マイナスの自己暗示は全て逆効果となってしまうため、楽しいことだけをイメージするのが適しております。

 

冬の澄んだ空気の空を写真におさめるために散歩した時のことを想像したり、水平線から見る朝日を思い浮かべたりと、楽しいことをイメージすることによって早起きが楽しいという感覚に陥るのです。

 

また、枕に対して「明日は朝の5時に起こしてください、お願いします」とおまじないを唱えるという方法もあり、5時に起きたいのであれば枕を5回ポンポンと叩きます。

 

こんな光景を友人や恋人に見られたら恥ずかしいと思うかもしれませんが、部屋の中であれば誰にも聞こえることはありませんし、仮に家族に目撃されたとしてもそこまでショックではないでしょう。

 

他にも、起きたい時刻にセットした目覚まし時計の横に、可愛いヌイグルミを置き、見守ってもらうことで早起きができるようになると考えている方がいらっしゃいます。

 

「ヌイグルミさんが温かく見守ってくれているから安心して眠れる」と感じることにより、眠りの質が上昇して早起きができるようになるのかもしれません。

 

更に、自己暗示のように心にかけるおまじないだけではなく、身体に直接かけるおまじないも効果的で、部屋の中が寒いといつまで経っても布団から出ることができず寝坊してしまうので、事前に温かくしておきます。

 

エアコンやファンヒーターを付けっ放しにするのは電気代の無駄なので、起きる時間の30分前に起動するようにセットしておけば、スムーズに早起きができるようになるのです。

 

早起きができない方は、単純に日頃の睡眠時間が異常に少なかったり、寝る前にカフェインやアルコールといった睡眠を阻害する飲み物を摂取していたりと、色々な原因が考えられます。

 

自分に決定的な原因がある場合、おまじないをかけても気休め程度にしかならないものの、早起きができる環境をしっかりと整えていれば、自然と早起きをするのが苦ではなくなるでしょう。

 

それに加え、早起きをして自分がやりたいことを考え、起きること自体にワクワクできるようになれば、早起きの生活は間近に迫っているので、是非積極的に試してみてください。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ