早起きのための目覚まし時計

 

 

早起きのための目覚まし時計について

早起きのためには目覚まし時計は必要不可欠なアイテムの一つで、これを使わずに決まった時間にパっと起きられる人はかなり少ないのではないでしょうか。

 

目覚まし時計を持っていないという方でも、携帯電話のアラームを使用しているかもしれませんが、あまり音量が大きくないというデメリットがあるので、絶対に早起きしたいという方には適していないのです。

 

とは言え、目覚まし時計を起きたい時間にセットしたとしても、アラームを消してまた布団の中に潜ってしまうことは多く、一向に早起きができないと悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

そのような方は、3つの目覚まし時計を使用する方法が適しており、できる限り音の違う3種類の製品を用意するべきです。

 

そして、最初に鳴る「目覚まし時計A」の音量は最大にセットし、寝ている方が飛び起きる程度の製品がベストだと言えます。

 

次に、数分おきに鳴るようにセットした「目覚まし時計B」を別の場所に置き、スヌーズ設定にすることで立て続けにアラームが鳴れば、どんなに寝起きの悪いという方でも目覚めるはずです。

 

一般的な目覚まし時計は、主電源を落とすとスヌーズ設定ができないような仕組みになっているので、携帯電話のアラームを利用するのも良いかもしれません。

 

最後の「目覚まし時計C」は、AとBから少し経った後に鳴るように設定し、タイムラグを置くことで2つの目覚まし時計で仮に起きることができなかったとしても、「目覚まし時計C」が起こしてくれるという仕組みです。

 

以上のような対策を行っていれば、不眠症といった睡眠障害を患っていない普通の人であれば目が覚めるはずですし、早起きするには十分過ぎる対策だと言えます。

 

しかし、3つも目覚まし時計が鳴るということは、周りに多大な迷惑を掛けることになるので、家族と一緒に住んでいる方はあまり試さない方が良いです。

 

特に、大音量で鳴り響く目覚まし時計が欲しいのであれば、「ナンダクロッキー」がおすすめで、6,300円と少々高くなっているものの、大音量でアラームが鳴るとともに、ウロチョロと動き回る製品なので、止めるまでに時間が掛かります。

 

部屋の片隅に置いておけば、布団やベッドから起き上がって止めなければならないので、早起きの対策として優れていることは間違いないでしょう。

 

また、投げなければ止められない目覚まし時計や、ヘリコプターのように飛ぶタイプの目覚まし時計、ダンベルタイプの目覚まし時計で30回上げ下げしなければ止まらないというユニークな製品が色々と販売されております。

 

他にも、ホームセンターや通販では様々なタイプの目覚まし時計が販売されており、自分に適した製品を購入することで、早起きのサポートをしてくれるはずなので、お好きなものを試してみてください。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ