早起きの秘訣

 

 

早起きの秘訣について

早起きして時間を有効に使いたいと考えていても、二度寝が止まらず決まった時刻に起きられないということで悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

そこで、このページでは早起きする秘訣を記載しているので、今直ぐにでも実行に移し、理想の生活を送れるように努力してみてください。


早く寝るように心掛けよう

早起きをする秘訣で最も大事なのが早く寝るということで、新聞配達の仕事をしている方や漁師さんは夜更かしをすることはなく、早い時間帯に寝るようにしているはずです。

 

夜の12時に寝るのと深夜の4時に寝るのとでは、前者の方が早起きしやすいということは誰でもお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

お仕事の関係上、夜遅くまで残業しなければならないという方はいらっしゃるものの、早く眠りにつくような生活を送るのが早起きの大きな秘訣だと説明できます。

 

睡眠時間を無理に減らそうとする早起きは長続きしませんし、日中のパフォーマンス力が落ちるだけではなく、無理に朝早くに起きることでストレスを溜め込む大きな原因となるので、十分に注意しなければなりません。


誘惑を断ち切ろう

これは上記の項目で説明した早く寝るように心掛けることと関連しており、誘惑を断ち切るのが早起きの大きな秘訣なのです。

 

現代ではテレビは深夜の時間帯でも放送されておりますし、インターネットに関しては24時間いつでもアクセスできるため、あなたを夜更かしへと導くものはたくさん存在すると言えます。

 

それに、パソコンやテレビの画面は、私たちの脳や目にとって大きな刺激となり、覚醒させる大きな要因となってしまうため、寝る直前まで見ていると眠れなくなってしまうのです。

 

もちろん、バラエティ番組を見たり、インターネットで調べ物をするといった行為はストレスの解消になりますが、このような誘惑を断ち切らなければ早起きはできないということを頭に入れておきましょう。


熱いシャワーを浴びよう

寝る前は身体をリラックスさせなければならないため、熱いシャワーは御法度で、ぬるま湯で半身浴をするのが適しております。

 

逆に、朝起きた時はまだ頭がボーっとしているはずなので、熱いシャワーを浴びてシャキっとさせるのが大きな秘訣です。

 

他にも、目覚ましを止めたら布団にもう一度潜るのではなく、直ぐに洗面所に行って冷水で顔を洗ったり、歯磨きをしたりと何かしらの行動に移すことでだんだんと脳は覚醒していきます。


早起きする動機を見つけよう

何となく朝早くに起きたいなとぼんやりと考えるのではなく、早起きする動機をしっかりと持つのが秘訣の一つです。

 

例えば、ジョギングを毎日続けたい場合、高価なウェアやシューズに頼るよりも、一緒に走る友人を見つける方がより長続きします。

 

これと同じように、「早起きして朝食をゆっくりと食べる時間を作りたい」というように、早起きする動機を幾つかピックアップしてみてください。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ