早起きのグッズ

 

 

早起きのグッズについて

どうしても自分の意思で早起きができないという方は、通販やホームセンターといった場所で販売されているグッズに頼ることをおすすめします。「早起きして運動をしよう」「早起きして勉強をしよう」「朝食の時間を確保するために朝早くに起きよう」と強く意識したとしても、中々実行に移せないというところが人間の弱いところです。そこで、何かしらのグッズに頼れば、早起きしやすくなることは間違いないので、自分の気に入った製品を購入する価値は大いにあります。このページでは、早起きするのに適したグッズを幾つかご紹介しているので、生活リズムを整えたいと考えている方は是非試してみてください。


ナンダクロッキー

「ナンダクロッキー」はごく普通の目覚まし時計なのですが、他の製品と大きく異なる点は、設定した時間になると大音量で刺激的な音を鳴らしながら、勝手に動き回るのです。

 

机や枕元に置こうが、設定した時刻には自由気ままに動き回ってしまうある意味迷惑な目覚まし時計なので、絶対に起き上がって止めなければならないのです。

 

物凄く大きな音で告知しますし、直ぐに止めることができないため、家族と一緒に寝ているという方や心臓の弱い高齢者の方にはおすすめできません。

 

それでも、通常の目覚まし時計では全く起きられないという方は、「ナンダクロッキー」を試す価値は大いにあります。

 

「ナンダクロッキー」は、アイボリーやレッドなど色々なデザインを取り入れているグッズで、6,300円と目覚まし時計にしては少々高いものの、評判の高い製品の一つです。


スリープトラッカー

「スリープトラッカー」は腕に装着するタイプの目覚まし時計で、ただ音が鳴るというグッズではなく、勝手にレム睡眠とノンレム睡眠を把握し、眠りの浅い時間帯に起こしてくれる優れものなのです。

 

身体の動きを察知できるというところがこのグッズの大きな特徴で、眠りの浅いレム睡眠の最中にバイブレーションで知らせてくれます。

 

睡眠時間が異様に少なく、あまりにも熟睡してしまったという場合は、アラームに気が付かない可能性があるものの、ノンレム睡眠の最中に起きようとするよりもスッキリと目覚められるのです。

 

それに、「スリープトラッカー」は付属のソフトを使用することにより、睡眠のデータをパソコンにダウンロードし、自分のリズムをデータベース化して把握できるという機能も備わっております。

 

ただし、定価が24,480円(税込)と少々高いのが「スリープトラッカー」の大きなデメリットで、オークションであればもっと安く手に入れることができるものの、目覚まし時計にお金を掛けたくないと感じる方はいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ