早起きと風水

 

 

早起きと風水について

風水の起源は、人間が自給自足を続けてきた紀元前の黄河文明時代に遡り、気の流れやエネルギーといった「風」、空気中に含まれる水分を指した「水」に伴う環境学のことです。

 

風水と聞くと、「占いみたい」「何か胡散臭い」というイメージを持たれる方がいらっしゃるかもしれませんが、いかに住まいを快適にするのかたくさんの観測データを元にノウハウが確立されてきましたし、早起きにも効果的だと説明できます。

 

風水の力で必ずしも早起きができるようになるわけではないものの、生きていく環境は悪いよりも絶対に良い方がいい事が起こりやすいのです。

 

そこで、風水によると早起きを毎日の生活の中に取り入れるためには、朝日を浴びることが大事だと考えられております。

 

太陽の陽の気が自分の中に潜んでいる陰の気を払ってくれますし、人間の中に備わっている体内時計がリセットされるということが、科学的に証明されているのです。

 

太陽の光を浴びれば気分がリフレッシュしますし、ただ暗い部屋の中にいるよりも目が覚めやすいので、まずは朝起きたら窓を開けて部屋の中に光を取り込むのが良いでしょう。

 

風水によると、休養に重要なのは「水」の時間だと考えられているので、水を飲んで身体を浄化するというケアも適しております。

 

また、早起きを心掛けるためには早く眠ることが必要不可欠で、早くベッドに入ったとしても寝付くのが遅ければ意味がないですし、睡眠の質が低下して疲れはより一層溜まってしまうはずです。

 

そこで、寝室の環境は居心地良くしなければならず、風水環境が悪いと快適な生活を送るのが難しくなるので、ベッドの配置や向きを変えてみるのが良いかもしれません。

 

部屋の中でベッドが窓と隣接していると、外からの「気」の影響を直接受けてしまうと風水では考えられているため、快適な眠りを得るには適していないということがお分かり頂けます。

 

防犯面を考えても、窓とベッドが隣接している状態は良くないので、なるべく離れたところにベッドを配置するべきです。

 

そして、ベッドと壁の間は風水では露空(ろくう)と呼ばれており、隙間をあけるのはNGだと言われているので、ピッタリとベッドと壁をくっ付けるようにしましょう。

 

風水の考えは一発逆転ではなく、コツコツと試すことで少しずつ運気が上がっていくと言われているので、早起きを習慣化させたいという方に適しております。

 

絶対に効果があると言い切れるわけではありませんが、早起きをするための方法の一つということを、頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「早起きの方法」についてのページ