早起きが辛い時は?

 

 

早起きが辛い時はどうすれば良いの?

早起きをするのが辛いと感じている方は多く、毎日のように続けることは決して簡単なことではないと言えます。

 

もちろん、仕事で朝に出社しなければならないサラリーマンの場合、辛いと感じていても起きなければなりませんし、毎日のように寝坊していてはリストラの候補になってしまうため、早起きをすることはできるはずです。

 

しかし、寝坊をしても特に大きなリスクのない学生や主婦の方は、早起きの生活を心掛けるのが意外と難しく、辛いということで諦めてしまうのではないでしょうか。

 

仮に、「早起きをしよう」と誓って目覚まし時計を早めにセットしたとしても、目覚ましがいざ鳴った瞬間は眠いということで、止めてから二度寝を始め、普段の起床時間になって落ち込むことが多々あります。

 

眠いのに起きなければならないというのは非常に辛いことですし、人間の欲に反することだというのは間違いありませんが、努力をしなければ堕落した生活を一向に変えることはできないのです。

 

そこで、早起きをして自分が何をしたいのかノートに書き込み、その目標を持って早起きに臨むことをおすすめします。

 

ただ漠然と早起きにチャレンジするよりも成功しやすいですし、早起きすることでのメリットを実際に味わえば辛いと感じていても長期的に続けていくことができるのです。

 

そして、「○○日間は早起きをしよう」と目標を定め、その目標をクリアできたら自分に何かご褒美を上げるというのが良いかもしれません。

 

ご褒美があればやる気がアップするはずですし、早起きを続ければ続けるほど健康的な生活を手に入れられるので、無理することなく早起きを毎日の生活に取り入れることができます。

 

「早起きが辛い」と感じている方の多くは、朝に目覚めるまでの時間が長いという傾向があるので、脳への血流量を増やし、脳に運ばれる酸素の量が増えて目覚めへと繋がるストレッチが最適です。

 

朝は誰でもボーっとしてしまうものですし、早起きできない方はその傾向が強いものの、起きて直ぐにストレッチをベッドや布団の上で行うことにより、覚醒するまでの時間が短くなるので二度寝せずに済みます。

 

以上のような方法を取り入れることにより、早起きが辛いと感じている方でも、だんだんと生活習慣を変えることができるので、試す価値は大いにあるでしょう。

 

実際に、早起きをして身体を動かす運動を行ったり、勉強をしてみたりすると、遥かに効率が良いということに気が付くはずなので、何よりも一度頑張って早朝に目覚めるようにしてください。

 

 

 

 


「早起きに関する疑問」についてのページ