早起きが苦手な人は?

 

 

早起きが苦手な人はどうすれば良いの?

早起きが苦手な人は多く、どのようにすれば朝の早い時間帯に起きられるのか疑問を持っているかもしれません。

 

そこで、このページでは早起きが苦手だという方のために、効果的な対処方法について詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。


カーテンを開けて寝る

多くの家庭では、薄手のカーテンと厚手のカーテンを二重にしていることが多く、寝る前はプライバシーの保護を考えてどちらもしっかりと閉めているはずです。

 

しかし、遮光カーテンを使っている場合、朝の日光を遮断してしまうというデメリットがあり、体内時計をリセットするために朝の日光は必要不可欠なので、目覚めが悪くなってしまいます。

 

そのため、早起きが苦手な方は薄手のカーテンだけを閉め、厚手のカーテンを使わずに眠るようにしてみましょう。

 

カーテンを完全に閉めるよりも光によって目覚めやすいですし、朝日を浴びるのは生活リズムを整える上で重要な要素の一つなのです。

 

ただし、冬場はカーテンをあけることで部屋の保温効果が薄れ、室温が下がる恐れがあるので、普段よりも温かい格好で眠りにつく必要があります。


目覚まし時計の使い方を考える

早起きが苦手な方は、普通に目覚まし時計が鳴っただけでは、直ぐに止めて二度寝に入ってしまうため、あまり意味をなしません。

 

そこで、目覚まし時計の使い方を考えるというのが効果的な方法で、幾つもの目覚まし時計を部屋中にセットしたり、立ち上がらなければ止められない場所に置くべきです。

 

枕元にあると直ぐに止めて眠りに入ってしまうものの、遠くに置いておけば一度立ち上がるために目が覚めやすくなります。

 

それに、幾つもの目覚まし時計を鳴る時間帯を5分間ずつずらしていれば、睡眠障害といった病気を抱えていない普通の方であれば、早起きすることができるはずです。

 

しかし、この方法は周囲の人間に多大な迷惑を掛ける可能性が高いので、一緒に寝ているベッドパートナーがいるという場合は、控えるようにしてください。


眠りのサイクルを意識する

私たち人間には眠りのサイクルと呼ばれるものがあり、どんな人でも眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠が交互に訪れるという特徴があります。

 

身体と脳が寝ているノンレム睡眠の最中に起きるよりも、レム睡眠の方が圧倒的に目覚めやすいので、早起きが苦手な方はこのサイクルを把握するのが最適なのです。

 

人によって正確な時間帯は異なりますが、大よそ1時間半周期で訪れるはずなので、早起きが苦手な方は「6時間」「7時間半」「9時間」といった睡眠時間をとるようにしましょう。

 

 

 

 


「早起きに関する疑問」についてのページ