早起きは慣れる?

 

 

早起きは慣れるの?

不規則な生活を送っている方は、早起きは慣れるまでが大変だと考えているかもしれませんが、決して時間が掛かるというわけではありません。

 

次の日が遠足で特に意識をしなくても早起きできたという方はいらっしゃいますし、誰にでも練習によって慣れることはできると説明できます。

 

早起きに慣れるまでどの程度の時間を費やすのか、個人によって異なるので一概には説明できないものの、2週間〜3週間程度続けることができれば自分の生活に馴染むはずです。

 

「早起きは辛いもの」と考えるからこそ中々続けられなくなるので、「早起きは楽しいもの」と意識することが大切だと言えます。

 

例えば、早起きをして自分で美味しい朝食を作ってみたり、朝起きて散歩を毎日行ってみたりと、早起きする目的を定めれば、それに向かって精進することができるはずです。

 

何となく自分の意志だけで早起きをしようと思っていても、中々継続できるものではありませんし、慣れるのが容易というわけではないので、早起きする理由を自分で決める必要があります。

 

それに、睡眠時間は人によって異なるので一概には説明できないものの、1日に12時間以上寝ているという人はほとんどおりませんし、寝る時間を早めればそれだけ早起きできるようになるでしょう。

 

「早起きは難しい」と感じている方の多くは、夜更かしする習慣がしみ込んでおり、ダラダラと寝る前に過ごしてしまうからこそ、眠る時間が遅くなって早起きできない傾向にあります。

 

確かに、夜更かしは楽しいものですし、テレビやパソコンなど色々な誘惑があるのは事実ですが、寝る時間を早めなければいつまでも早起きに慣れることはできないのです。

 

早起きを毎日の生活に取り入れている方全てが睡眠時間が短いというわけではなく、早く寝ることを心掛けて睡眠時間を確保しているからこそ、早い時間帯に起きられております。

 

いきなり2時間も早く寝るというのは少々難しいかもしれないので、15分・30分・1時間と少しずつ寝る時間を早めていけば、気が付いた頃には早起きに慣れているはずです。

 

また、絶対に早起きをしなければならないという状況に身を置くというのも、早起きに無理に慣れる方法の一つかもしれません。

 

朝の6時から始まるバイトをしてみたり、早起きしなければ続けられない仕事を選んだりと、是が非でも早起きしなければ首を切られてしまうという状況であれば、人間は予想以上の力を発揮します。

 

ただし、早起きしていても睡眠時間が短くなっては体調を崩してしまうかもしれないので、十分に注意してください。

 

 

 

 


「早起きに関する疑問」についてのページ