早起きが嫌いな人はどうすれば良いの?

 

 

早起きが嫌いな人はどうすれば良いの?

「早起きが嫌いな人はどうすれば良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、早起きが苦手な人はたくさんいらっしゃいますし、嫌いで嫌いで仕方ないというのは決して不思議な話ではありません。

 

結論から言えば、自己管理・自己責任なので必ずしも早起きしなければならないわけではありませんし、病気の発症率が大きく変わるということもないのです。

 

嫌いなことを毎日行っていればストレスが溜まりますし、休日に早起きせずにゆっくりと眠るのが好きだという人は、自分の望むがままに日常生活を送るのが良いと言えます。

 

特に寒い冬場は、「布団から出たくない」「このまま温かい布団に包まっていたい」「いつまでもこの時間が続けば良いのに」と考えるはずです。

 

「学校に行かなければならない」「仕事のために職場へと出掛けなければならない」という用事がなければ、無理に早起きしなくても良いのではないでしょうか。

 

早起きして特にやりたいことがないのならば意味がありませんし、時間の無駄です。それでも、早起きすれば時間を有効活用できますし、昼間まで寝て夜更かしするような生活よりも遥かに健康的だと言えます。

 

そこで、早起きが嫌いなのではなく、苦手だけど自分の生活に馴染ませたいという人は目覚まし時計の種類に気を配ってみてください。

 

普通の目覚まし時計では音が小さくて効果がないのならば、動き回るユニークな目覚まし時計がおすすめとなっております。

 

Clocky(クロッキィ)は、セットした時間が来るとアラームを鳴り響かせながら部屋中を動き回るという代物で、ベッドや布団から起き上がらなければ止められないということで以前に流行りました。

 

眠くても寒くても起き上がらなければならないので、Clocky(クロッキィ)を使用すれば多少は早起きしやすくなります。

 

また、もっとドMの人には「アラームシュレッダー付き目覚まし時計」が適しており、アラームを止めないと中に入れたお札がシュレッダーにかけられてしまうのです。

 

寝坊すれば所持金を失うという危機感があれば、人間誰でも早起きできるはずですし、それがもし1万円だったと考えるとゾっとします。

 

他にも、計算しなければ止められないアラームアプリや、敷く目覚まし時計など様々なユニークな製品が登場しており、早起きが苦手な人にとって役立つアイテムです。

 

早起きが嫌いならば無理に実行に移す必要はありませんが、今の生活を変えたいと心から願っている人は是非一度試してみてください。

 

 

 

 


「早起きに関する疑問」についてのページ