早起きとパニック障害

 

 

早起きとパニック障害について

パニック障害とは約100人に1人か2人が掛かる病気の一つで、突然胸が苦しくなって激しい動悸がしたり、めまいや吐き気といった発作を繰り返すという特徴があります。

 

何の前触れもなくこのような症状が引き起こされるため、非常に怖い病気の一つだと言えますが、早起きの生活を心掛けることで症状を緩和できるのです。

 

パニック障害は不安障害の一つで、繰り返し生じる頭を離れない病的な不安が原因で生じることが多いため、早起きをして太陽の光を浴びることで気持ち良くなり、精神が安定していきます。

 

実際のところ、パニック障害に限らず、心の病気を患っている方に早起きは有効だと考えられており、気分をリフレッシュさせることは重要な要素の一つなのです。

 

パニック障害を改善できた方の多くは、自分の生活習慣を見直し、早寝早起きを心掛けたり定期的に運動をして身体を動かしたりといった対策をしているという共通点があります。

 

昼夜逆転の生活を送っていると、元の健康的な生活に戻すのは難しいですし、体調を崩しやすくなるため、パニック障害を予防するためにも早寝早起きを心掛けるのは良いかもしれません。

 

この病気は決して命の危険に晒されるようなものではありませんが、不快な症状が原因でストレスが溜まり、症状が悪化している可能性は非常に高いため、早めに対処しなければならないというわけです。

 

突然激しい発作に襲われるということで、治すのが難しいのではと考えるかもしれませんが、早い段階で適切な処置を施すようにすれば、比較的治りやすいので心配する必要はないでしょう。

 

精神的な病気は勝手な判断で処置を施すと、逆に治りにくくなることがあるため、専門医の診断が必要不可欠だと言えます。

 

精神科や心療内科といった病院で診察を受けると、向精神薬を使った薬物療法や呼吸を整えるリラクゼーション法、発作が起きないように完治した状態にする段階的曝露療法など、専門医の指示に従って対処していくのです。

 

しかし、病院で行われる治療だけが全てではなく、上記でも説明したように早寝早起きの生活を心掛けてリフレッシュするために太陽の光を浴び、毎日三度の食事をとるといった規則正しい生活を自宅で行っていかなければなりません。

 

特に、一日の行動計画を立て、その通りに行動していくことが大事で、簡単な目標に向かって突き進むことにより、健常者と変わらない生活を送れるようになります。

 

以上のように、パニック障害の治療は病院での処置と、自宅での対策の両方が必要なので、決して怠らないようにしてください。

 

 

 

 


「早起きの原因」についてのページ