早起きと動悸

 

 

早起きと動悸について

動悸とは普段は全く意識していない心臓の動きが不快に感じる症状のことを指し、心臓がドキドキとしたり拍動を強く感じたりするという特徴があります。

 

女性の方で動悸に悩まされたことがあるという方はいらっしゃるかもしれませんが、実はこの症状と早起きには関係性があるのです。

 

動悸の原因は、既に引き起こされている病気やホルモンバランスの崩れなど、人によって大きく異なっており、確実にこれだと言い切れるわけではありません。

 

しかし、どのような原因だとしても睡眠不足や疲れ、食生活の乱れといった不規則な生活で症状が悪化しやすいため、早起きが予防に繋がると説明できます。

 

特に、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を患い、その影響で動悸が生じているという場合、早起きを心掛けてリフレッシュするというのは動悸を治すだけではなく、元の病気の緩和にも最適なのです。

 

心の病気を患っていると、何事にもやる気が湧かなかったり、中には自殺願望を抱くという方もいらっしゃいますが、そんな時は早起きをして気持ちの良い時間帯に散歩をしてみましょう。

 

フラフラと散歩をするだけでも朝日を浴びることで気分転換ができますし、ストレスが解消されれば少しは前向きな気持ちで物事を考えられるようになります。

 

うつ病を患っている方は同時に不眠症に悩まされていることが多く、睡眠時間の不足によって早起きができないかもしれませんが、なるべく生活リズムを整えるように試みることは非常に重要なのです。

 

他にも、タバコを控えたり飲酒を控えたりと、健康的な生活を送ることで動悸の症状が和らいでいき、少しずつ気にならなくなっていきます。

 

適度な飲酒であればまだしも、タバコは私たちの身体にとって百害あって一利なしで、タバコの中に含まれている有害物質が心臓に悪影響を与え、動悸の症状を強めているかもしれません。

 

それに、息苦しいという状態でタバコを吸うのは良くないですし、症状を悪化させる大きな原因となってしまうため、直ぐにでも禁煙にチャレンジした方が良いというわけです。

 

もし、家の中ではなく、外出中に動悸の症状が現れてしまったという場合は、パニックに陥らずその場に座ったりと、精神と身体を落ち着けるようにしましょう。

 

特に大きな病気を患っていないのであれば、数分間程度じっとしていれば次第におさまっていきます。

 

もちろん、あまりにも頻繁に動悸が生じるのであれば、別の病気が引き金となっている可能性が高いので、自宅で早起きを心掛けるという対処だけではなく、病院へと足を運んで症状を診てもらってください。

 

 

 

 


「早起きで病気を改善」についてのページ