早起きと便秘

 

 

早起きと便秘について

仕事をしていたり学校に通っていたりすると、自分のベストなタイミングでトイレに行けないということが多く、便意を我慢することによって便秘になるという可能性は十分にあり得ます。

 

慢性的な便秘を抱えていると、腹痛や吐き気といった辛い症状に悩まされてしまうので、そのような方は早起きして改善するべきです。

 

早起きをして、しっかりと朝食を食べる習慣を身に付けることにより、食べ物が胃の中に入ることで胃・結腸反射が強まり、便秘で悩まされている方でも便意が起こりやすくなります。

 

朝食を食べて直ぐに出ないという方でも、その後に30分間程度リラックスする時間を作ることで、腸が更に動きやすくなるでしょう。

 

実は、このリラックスする時間がとても重要で、朝食をとった後に慌しく動いてしまうと便意を逃しかねないので、音楽を聞いたり本を読んだりする時間を作ります。

 

朝に固形の食べ物を食べられないという方は、水分の補給やスープだけでも良いのでお腹に何かを入れるように心掛けていれば、だんだんと便秘が解消されていくはずです。

 

どちらにしても、朝食をゆっくりと食べる時間を作ろうと思ったら、早起きをしなければならないため、前日の夜に夜更かしをせずに、早めにベッドつく必要があります。

 

「夜はテレビをダラダラと見ていたい」「ネットサーフィンをしないと落ち着かない」という方がいらっしゃるかもしれませんが、早寝早起きを健康的な生活習慣に欠かせないですし、不健康な生活から脱出することが便秘への改善の第一歩なのです。

 

一度便秘で悩まされたことのあるという方はお分かり頂けるかもしれませんが、便秘になるとお腹に不要物が残った状態となるので、何だか気持ちが悪いですし、肌荒れやむくみといった肌トラブルも加速されます。

 

「少しくらいお通じが悪いならば平気」と考えている方はいらっしゃるものの、便秘の放置によって大腸がんのリスクが上がるため、十分に注意しなければなりません。

 

体内のリズムが崩れると、内臓器官に悪影響を及ぼすことが分かっており、便秘に悩まされやすい体質になってしまうため、早寝早起きといった生活習慣の改善を試みていかなければならないのです。

 

早起きをしてウォーキングやジョギングといった運動を行う時間を設ければ、ストレスの解消にも繋がるため、便秘になるリスクを大きく減らすことができます。

 

ストレスを過度に感じていると自律神経に乱れが生じ、神経的な支配を受けている胃や腸といった内臓の機能が低下するため、ぜん動運動が弱まって便秘になりやすいのです。

 

現代社会でストレスを溜め込んでいるという方は決して少なくないものの、便秘以外にも不快な症状が身体に現れるかもしれないので、毎日の生活でリフレッシュするようにしましょう。

 

そして、他にも便秘を防ぐために、「水分を小まめに摂取する」「睡眠不足の注意する」「食物繊維の多い食べ物を食べる」「定期的に身体を動かす」というケアを行うようにしてください。

 

 

 

 


「早起きで病気を改善」についてのページ