早起きのコツ

 

 

早起きのコツについて

早起きとはその名の通り朝早く起きることを指しており、一日が長く感じたり気分がスッキリするといったように、様々な効果が期待できます。

 

早起きを心掛けたいと思っていても、何も対策をしなければ普段と同じような堕落した生活を送ってしまうことが多いため、早起きのコツを知りたいという方は多くいらっしゃるはずです。

 

「早起きは難しい」「自分には絶対にできない」と考えている方はいらっしゃるものの、コツさえ掴んでそれを毎日実行するようにすれば、規則正しい生活を送れるようになります。

 

サラリーマンの方は基本的に朝の早い時間帯に起きなければならないものの、学生の方や主婦の方は、どうしても夜更かしして遅い時間帯に起きてしまいがちです。

 

一度生活のリズムが崩れると、それを修復するのは意外と難しいことなので、このページでご紹介している早起きのコツを実践してみてください。


身体を冷やさないようにしよう

睡眠中に身体が冷えると寒くて起きられず、いつまでも布団の中にもぐりこむという状態に陥ってしまうため、身体を冷やさないように温めるというのがコツの一つです。

 

もちろん、冬場だからといって暖房を付けっ放しで寝るのは身体に良くないですし、電気代の無駄なので、厚手のパジャマを着用するようにしたり、首にタオルを巻いたりするといったケアがおすすめとなっております。

 

そして、身体の温度が下がると代謝機能が落ちて眠気が生じるという特徴があるので、早く寝付くためにも寝る前にお風呂の中に入るのも効果的です。

 

あまりにも熱い湯船の中に浸かると神経が興奮して寝れなくなり、早起きできなくなってしまうため、ぬるま湯で長時間の半身浴を行います。

 

気分がスッキリとしてリラックスできるという効果も期待できるため、不眠を改善する手段の一つとも言えるでしょう。


早く寝るようにしよう

早起きのコツで最も大事かもしれないのが早く寝るということで、適した睡眠時間は個人によって大きな違いが生じているものの、早い時間帯に眠るように心掛ければ、それだけ早く起きられるのです。

 

一昔前と比べて、現在では深夜の0時を過ぎてもバラエティ番組やドラマの再放送などテレビを見ることができますし、パソコンに関しては24時間いつでもインターネットにアクセスできます。

 

このような進歩は素晴らしいことだと言えますが、いつまでもテレビを見たりパソコンをいじったりしていると夜更かしとなって寝る時間帯が遅くなり、その影響で起きる時間も次第に遅くなっていくのです。

 

強い光を浴びると睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されにくくなるため、就寝の2時間前にはテレビや携帯電話の使用を止め、できる限り夜の12時までに眠りに付くようにしてください。

 

夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間に睡眠を取ることで、肌の細胞が回復されるという特徴があるので、美肌を維持したいという女性は特に夜更かしに注意するべきです。


起きる時間から換算して眠る時間を決めよう

私たちは誰でも、脳が眠るノンレム睡眠と身体が眠るレム睡眠が交互に繰り返されているという特徴があり、深い眠りが20分から30分程度続いた後に浅い眠りに引き戻されるのです。

 

個人によって微妙に異なるので一概には説明できませんし、自分で細かい調整を行っていかなければならないものの、大よそこの周期は90分だと考えられております。

 

つまり、この習性を利用して浅い眠りのときに目覚ましや携帯電話のバイブレーションが鳴るように設定すれば、無理に起こされることなく楽なタイミングで目覚められるのです。

 

個人によって適した睡眠時間は異なるはずなので、6時間・7時間半・9時間など、ご自身に合った時間で換算し、布団やベッドの中に入るのが早起きのコツだと説明できます。


早起きを自分の生活に馴染ませるようにしよう

一日だけ早起きしたとしても、次の日から夜更かしをして元の生活に戻ってしまっては全く意味がありませんし、長期的に続けることが大事なのです。

 

そこで、早起きを自分の生活に馴染ませるために、一度早い時間帯に起きることができたら、多少の無理をしてでも2週間程度は続けるようにした方が良いかもしれません。

 

2週間程度続ければ、自分の中で早起きが習慣化されていきますし、平日だけではなく土日にも早く起きられて、快適な休日を過ごせるようになります。

 

もちろん、何か予定があって寝るのが遅くなるというのは仕方のないことですし、心と身体に大きな負担をかけてまで早起きをしようとすると、今度はストレスが溜まって別の問題が生じるので注意が必要です。


寝る前に食べ物を食べないようにしよう

寝る前に食べ物を食べると、胃や腸が吸収や消化にエネルギーを費やさなければならないため、いつまでも内臓が休まらず眠りが阻害される大きな原因となります。

 

それに、食べる量が多ければ多いほど、朝の目覚めが悪くなって早起きできなくなるので、就寝する3時間前からは水分の摂取だけに留めておくのが大きなコツです。

 

どうしても空腹で眠れないというのであれば、消化の良いバナナなどを少し食べ、あまりにも多くの量を胃の中に入れないようにしてください。